心電図解析において、このような課題をお持ちではありませんか?


不整脈専門医の方…

心房細動患者さんの経過観察や再発確認として、定期的にホルター検査を行いたいが、解析業務が負担になり検査数が増やせない。

一般内科医の方…

症状の原因を特定するために、ホルター検査を行いたいが、検査を行うための設備がなく、解析レポートを確認できる医師や技師がいない。

脳卒中専門医の方…

治療方針決定のため、心房細動の特定/ 除外にホルター検査を行いたいが、検査を行うための設備がなく、解析レポートを確認できる医師や技師がいない。


長時間心電図解析ソフトウェア SmartRobin AI シリーズでサポートできること


長時間心電図を即日解析

  • お手持ちのパソコンですぐにアプリにアクセスできます。
  • 長時間心電図を即日で解析できます。
  • 医師の診察回数、患者さんの待ち時間や通院の負担軽減につながります。

検出精度95%以上

  • 心房細動の検出精度は95%以上です。
  • 心電図検査結果の再読影の手間を軽減することにつながります。

   ※ Taniguchi H et al. Int Heart J. 2021;62(3):534-539. 

 

直観的でわかりやすい結果表示

  • ジャンプ機能で見たい心電図波形を瞬時に表示し、膨大な量の解析レポートから波形を探す必要がありません。
  • ユーザーインターフェースを考慮し、ログイン画面からわずか “3クリック”で見たい波形にリーチすることができます。
  • 心房細動に特徴的なR-R間隔の不規則変動を視覚的に表示する補助機能(ビートサークル)により、心房細動の有無の判断ができます。

ご利用の流れ


SmartRobin AI シリーズによる長時間心電図検査について


ホルター検査で8時間を超えた場合、1,750点が加算されます。

※ SmartRobin AI シリーズによるホルター型心電図検査は、保険収載済みの検査です。